News&Event
2020.07.14NewsJapan

サイバーエージェント・キャピタル、ドローンとAI技術で建物劣化診断を行うDrone Pilot Agency株式会社へ出資

株式会社サイバーエージェント(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 藤田晋、東証一部上場: 証券コード4751)の連結子会社で、投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業を展開する株式会社サイバーエージェント・キャピタル(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 近藤裕文)は、ドローンを使用した画像分析により構造物の劣化診断を行うサービスを展開しているドローンパイロットエージェンシー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:上野豪、以下「DPA」)に出資をいたしました。

マーケット法律上、定期的な保守点検が必要な土木インフラ・建物の維持管理市場は、国内5兆円の規模になっている一方で、当領域のDX化はまだ遅れています。DPAは、人が検査するのに困難な高所や挟所、また費用や時間がかかる箇所の点検にドローンを活用し、撮影した画像をA I等で分析することで、構造物の劣化診断を行うサービスを展開しています。

DPAが展開する「建物劣化診断サービス」では、建物の外壁をドローンで撮影し、その動画を読み込むと、壁のクラック を自動で検出します。今後はクラックの幅や長さなどをAIで認識、表示するとともに、外壁の浮き の検知機能の拡充を予定しています。

DPAの技術は災害時にも活用され、昨年の台風被害の際には、電力インフラの状況把握を目的として、寸断された道路状況でもインフラ状況の確認を行いました。また、A I画像分析技術を応用し、植生・赤外線撮影等による鳥獣対策や、海洋データ取得による牡蠣養殖のデジタル化なども行っており、インフラ分野を主としたソリューション事業を中心に展開しています。

サイバーエージェント・キャピタルは、DPAへの資金提供のみならず、事業開発に関するアドバイスや、技術支援、広報支援、営業・マーケティングに関する実務支援、採用支援などを通じてサービス価値向上を積極的に支援してまいります。

サイバーエージェント・キャピタルは、日本国内の投資活動において、スタートアップベンチャー企業への投資活動を最重要方針として取り組んでおり、本投資は2014年5月に設立したスタートアップベンチャー企業への投資に特化したファンド「CA Startups Internet Fund 2号投資事業有限責任組合」からの投資となります。

 

■DPAについて

名称   :DRONE PILOT AGENCY株式会社
URL    :http://dronepilot.co.jp/
特徴    :ドローンを活用して撮影した画像の分析や、取得したデータの分析を行い建物インフラや構造物などの劣化診断事業

■出資先 会社概要

社名   :DRONE PILOT AGENCY株式会社
URL    :http://dronepilot.co.jp/
所在地 :東京都品川区西五反田二丁目4番2号 東海ビル4階
設立   :2017年11月15日
代表者 :代表取締役社長 上野 豪

■弊社について

社名 :株式会社サイバーエージェント・キャピタル
URL :https://www.cyberagentcapital.com/
所在地 :東京都渋谷区宇田川40番1号
設立 :2006年4月3日
資本金 :1億円
代表者 :代表取締役社長 近藤 裕文
事業内容 :投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業

■本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社サイバーエージェント・キャピタル ヴァイス・プレジデント 北尾 崇
E-mail:cac_public@ext.cyberagent.co.jp

一覧に戻る