News&Event
2022.06.07NewsJapan

⼩規模事業者向けシステム伴⾛型顧客獲得プラットフォーム 「mycsess(ミクセス)」を運営する株式会社YZ(イズ)にリード出資

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社で、投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業を展開する株式会社サイバーエージェント・キャピタル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:近藤裕文)は、システム伴⾛型顧客獲得プラットフォーム「mycsess(ミクセス)」を運営する株式会社YZ(イズ 本社:東京都千代⽥区、代表取締役:安⽥裕介、以下当社)にリード出資したことをお知らせいたします。同ラウンドの出資者は、レオス・キャピタルパートナーズ、三菱UFJキャピタル、コムレイズ・インキュベートです。

「mycsess(ミクセス)」とは
mycsess(ミクセス)は、従業員20名以下の⼩規模事業者を主な対象とし、システム伴⾛型の顧客獲得を⽀援するプラットフォームです。⼩規模事業者の多くは営業を専属で担当する社員がおらず、代表⾃ら営業活動を担当しています。「mycsess(ミクセス)」は、営業活動をシステムで伴⾛し、次に⾏うアクションをナビゲートすることで、営業活動を効率的かつ円滑に進めることができるだけでなく、独⾃の登録データベースへのスカウトやレコメンドによるマッチングを⾏うプラットフォームとしても活⽤でき、売上拡⼤を包括的に⽀援しています。

サービス開始後、わずか約9ヶ⽉で1社最⼤2000万の売上向上を実現し、⽀援業界はHPや動画など制作を中⼼とする受託系や研修・コンサルなどの⼈材系、⼩売や飲⾷、介護施設などの店舗系など幅広くカバーし、 累計130社(※1) を超える企業に向けて⽀援を実施してまいりました。

※1 2022年4⽉時点

⼩規模事業者を取り巻く近況

2022年度版中⼩企業⽩書・⼩規模企業⽩書の発表によると、⼩規模事業者はここ3年で毎年4万件を超える企業が廃業しており、これは⺠間調査が開始された2000年以降で過去3番⽬の⾼⽔準となっています。 また事業⾒直しの取り組みも約86%の企業が必要に迫られており、加えて約59.7%の企業が「営業・販路開拓(営業⼒ ・販売⼒の維持強化、新規顧客・販路の開拓)」を⾃社の経営課題であると回答しており⼤きな課題となっています。 しかし、多くの営業代⾏サービスは、⼩規模事業者にとって費⽤が⾒合わず、またサービス提供者にとっても効率が良くないことが多いため、導⼊前に断られてしまうという課題がありました。 mycsess(ミクセス)は、営業代⾏をシステム伴⾛型にすることにより、3万円からの⽉額費⽤+5%の成果報酬という価格設定を実現し、⼩規模事業者でも無理なく導⼊することができます。(データは全て、令和4年4⽉発表 中⼩企業庁 2022年版 中⼩企業⽩書・⼩規模企業⽩書より)

地⽅⾃治体、地銀、信⾦を始めとする地域の⽀援者との様々な取り組みを開始
まずは第1弾として6⽉9⽇に⼩規模事業者に特化したピッチイベントを⾏います。(10社登壇予定)加えて、地域貢献し 、持続的成⻑を掲げる⼩規模事業者(ブートストラップカンパニー※2)の事業⽀援をするアクセラレーションプログラムを11⽉に開始し(応募受付は8⽉ごろを予定)、コミュニティも⽴ち上げます。また今回調達のパートナーを始めとし た⽀援者の拡⼤、地⽅⾃治体・地銀・信⾦との連携も強化してまいります。 (こちらは詳細決まり次第、順次告知していきます。)

※2 弊社が作り出した造語で、地域に根ざして持続的成⻑を⽬指す⼩規模事業者のことを指す。

今回の資⾦調達の⽬的

今回の資⾦調達により、システム伴⾛型顧客獲得プラットフォーム「mycsess(ミクセス)」のマーケ、開発強化及び、 各種ポジションの採⽤を増強し、さらなる事業拡⼤を⽬指します。合わせて、⾃治体連携やパートナー連携を進め、事業成⻑を加速してまいります。

出資について

株式会社サイバーエージェント・キャピタル シニア・ヴァイス・プレジデント 北尾 崇
企業全体の99%以上を占める中規模企業・⼩規模事業者ですが、事業成⻑の⽀援体制がまだ⼗分に整備されていない為 、変⾰の余地が多分にあると感じています。また、中⼩事業者の事業成⻑を科学することを通して、物理的かつ労働集約的な制限を越えて、地⽅の変⾰にも⼤きく寄与する可能性を秘めていると信じています。初めてお会いした時から約1年経ちますが、実⾏⼒の⾼さと、⼈脈構築・仲間集めの両⽅をバランス良く熟せるチームで、わずか数ヶ⽉で事業も組織も⼤きく成⻑されるのを⽬の当たりにし、⼤変ワクワクしております。壮⼤なビジョンのもと、CACでもしっかりご⽀援できるよう頑張っていきたいと思います。

サイバーエージェント・キャピタルについて

サイバーエージェント・キャピタルは成長産業であるインターネット関連ビジネスにおいてマネジメント・リーダーシップに秀でた起業家が率いるベンチャー企業へ投資を行うベンチャーキャピタルです。数々のインターネットビジネスを生みだしてきたサイバーエージェントグループの事業創出・拡大経験のもと、シード・アーリー期の投資のみならず、投資先企業の成長支援を行っております。当社は2006年の設立以来、急速な経済成長を遂げるアジアを中心に7カ国9拠点にてベンチャーキャピタル事業を展開し、グローバル展開を目指すスタートアップを支援しています。

会社概要

YZ
会社名:株式会社YZ(イズ)
代表者:代表取締役 安⽥ 裕介
設⽴:2017年7⽉6⽇
所在地:東京都千代⽥区神⽥錦町2-2-1 11階 WeWork KANDA SQUARE
資本⾦:7,376万円
企業HP :https://yz-com.jp/
事業内容:⼩規模事業者に特化したコンサルティング / アウトソーシング / オウンドメディア(U-Technology)の運営 、システム伴⾛型顧客獲得プラットフォームのmycsess(ミクセス)の開発・運営

<運営サービス>
mycsess(ミクセス) https://mycsess.com/
ハンズオンソーシング https://yz-com.jp/growth/ U-Technology https://understand-technology.jp/

サイバーエージェント・キャピタル

会社名 :株式会社サイバーエージェント・キャピタル
代表者 :代表取締役社長 近藤 裕文
設立 :2006年4月3日
所在地 :〒150-0042 東京都渋谷区宇田川40-1
企業HP :https://cyberagentcapital.com/

【本件に関するお問い合わせ先】

サイバーエージェント・キャピタル 広報室担当
E-MAIL: cac_public@ext.cyberagent.co.jp

一覧に戻る